電子マネーやポイントの換金や現金化に方法

ポイントサイトなどでポイントをこつこつ貯めてお小遣いにするという人は少なくありません。ちょっとした余暇を使って広告のクリックやアンケート回答でも貯まるシステムもあれば、商品購入によって付与されるといったシステムもあります。貯めたものは商品購入にしか使えないものもあるのですが、換金性が高いサイトが人気です。例えばアマゾンのギフトカード、JCBギフトカードといった商品券に変えられるならば換金性は高くなりますし、ビットコインやnanacoポイントなどの電子マネーに変えたり、一定の手続きを行えば現金に変えられるといったサイトもあります。ただし往々にしてサイト内で現金化するときには、月々の締切日までに申請し、翌月の約定日に振り込まれるということも多く、案外時間がかかるといった印象です。サイト内ですぐに現金化できるというのは少なくなります。付与されるまでにも1週間から数週間かかるものがあるので、思い立ったら即金でということ自体が難しいわけです。そのようなことも加味したうえで、現在貯まっているものをできるだけ早く現金化する方法を、それぞれユーザーは模索し、工夫しています。換金率も重要になってくるでしょう。

多くのポイントサイトと提携している銀行の口座を持っていると、比較的短時間で現金化が可能となるサイトがあります。楽天銀行などは自社でもアンケートサイトなどを持っていますし、多くの提携サイトを持っています。楽天銀行への振り込みであれば即日ということも少なくありません。換金率は100%が多く、手数料という形でポイントを消費することはよくありますが、せいぜい50円相当の手数料というもので、金額の応じて高くなるというものでもありません。まめに換金する人にとっては、かなりお得なシステムになります。このように換金性の良いポイントに変えることができるサイトであれば、現金化はかなり手軽に行えます。電子マネーになると、それをストレートに現金化することは難しくなりますので、換金性の良い商品購入に使い、それを転売するなどして現金化することになります。それなりにタイムラグもあります。JCBギフトカードなどの商品券に変えると、金券ショップなどで高還元率で現金にすることもできますが、手続きまでの時間や郵送の時間などもあり、スピード感はそれなりにそがれます。その中でもアマゾンギフトカードはEメールタイプがあり、かなりスピーディーです。Eメールタイプでも高還元率で買い取る金券ショップがあり、多くがネット完結します。これであれば最短30分程度で振り込みまで完了するということも少なくありません。