クレジットカードの現金化や換金にはどんな問題点があるのか

今現在、日本国内に流通しているクレジットカードの大多数には、ショッピング枠と共にキャッシング枠も付いているものと思われます。ですから、ちょっと生活費が足りなくなって金欠のピンチに陥ってしまった時などは、そのキャッシング枠を利用してお金を工面すれば、わざわざ銀行カードローンなどを作らなければならない必要は全くないのです。
また、昔から広く知られている有名なクレジットカードを利用した換金手段に、分割払いで購入した商品を質に入れて現金を工面する方法があります。正直な話、これは非常に効率の悪い方法です。とにかく手に入る現金は少ないのに、後から出ていくお金は非常に大きいのです。ですからこのような換金方法は、他に方法がない時の最後の非常手段のようなものだと心得ておくべきでしょう。
ただし、こうした一連の行為は、法律違反となってしまう可能性が高いです。ですからこの方法を実際に実行に移すとしても、その結果の全ては自己責任となります。どんな問題点があるのかというと、実はカードで購入した商品は、代金が完済されるまではカード会社に所有権があるのです。
ですから商品を質入れするのは転売して現金化するような行為と見なされて、横領罪に該当してしまうかもしれないのです。また、最初から現金化が目的である場合は、カード会社からお金を詐取する詐欺罪に該当する可能性まであるのです。

ところで最近話題になっているクレジットカードの現金化というのは、上記のように自分一人で行う換金方法とは基本的に違います。要するに単独ではなくて専門業者を利用して現金化を行うのです。いずれにしても、単独であろうと業者を利用しようと、犯罪になる可能性のある危険な行為であることは間違いありません。
そもそもクレジットカードには、カード会社が定めた利用規約などがあります。それはカードの利用者が守らなければならないルールですので、違反することは良くないことです。違反すると法律で厳しく処罰されるかどうかは違反内容にもよるのでしょうが、少なくともカード会社からは利用停止にされてしまう危険があります。クレジットカードの現金化とは、正に利用規約に違反している行為なのです。
それにその業者とは、事実上の金融業者である可能性が高いので、貸金業法や出資法に違反している可能性が高いのです。実際に、過去には摘発されてしまった業者もいるのです。
とにかくショッピング枠をキャッシング目的で利用させる商法ですので、その実態はお金の貸し付けであると判断され、そうした業者は金融業者であると認定されたのです。それなのに業者は貸金業の許可を受けていないので、そこに大きな問題点があるのです。